横浜市緑区・長津田学園ながつた幼稚園

横浜市|緑区|長津田幼稚園|預かり保育|未就園児|子育て

>
感染症について

 

保護者様に向けた
園からの情報を
ご確認いただけます。
ID・パスワードが
必要です。

神奈川県横浜市緑区長津田7-4-11
TEL:045-981-0390
FAX:045-981-0574

 

  感染症や伝染性疾患の取り扱いについて

1.予防をしましょう

 広く言われている手洗い・うがいを徹底しましょう。ご家族皆さんが務めることで、多くの感染症の予防となります。年間を通じて習慣づけてください。

 

2.検温表提出にご協力下さい

 幼稚園では子ども達の体調に常に注意をしていますが、その良し悪いを図る基準として平熱や当日の体温があります。感染症が流行る時期はご家族での検温が大切情報源となりますので、ご協力下さい。また、平熱は個々人によって違います。お子さんの平熱をしっかり把握し、それに伴う検温値を記してください。平熱が37℃以上あるお子さんはその平熱値を記載して下さい。幼稚園では平熱を基準として体調を判断します。

 

3.登園許可証を添えて下さい

 年度初め(4月懇談会)にお渡ししている登園許可証一覧に、提出が必要な疾患を記載しています。それらの感染症にかかってしまった時は本人の治療を優先し、また周りに広げない措置を取ることが肝心です。近年下記の疾患は許可証の提出が必要ありませんが、症状によっては重篤になり感染を強めることもありますので、必ず医療機関を受診し、医師の指示に従って登園して下さい。

○溶連菌感染症(猩紅熱) ○手足口病 ○りんご病(伝染性紅斑) ○水いぼ(伝染性軟属腫)

 

4.アタマジラミの対処法

 後期に入りアタマジラミの発症が確認されています。シラミの一種が起こす皮膚炎で、保育園・幼稚園・小学校での集団発生が見られます。感染源を突き止めることは難しいですが、適切な対処により感知しますので、入浴などの際きちんと頭髪を視診して下さい。幼稚園で毎日子どもたちの頭皮を一人ひとり検診することはできません。また、それをする時間や知見を有していません。ご家庭で疑わしい症状が認められた場合は、皮膚科を受診し、正しい治療をして下い。 

 

〈症状〉髪の根元に卵(0.5mm程の白い楕円形)が付着し、フケのように見えます。軽いブラッシングでは取れません。成虫は灰黒色で小さく発見は困難です。刺されている場合はかゆみの強い赤い丘疹ができ、掻くと化膿します。(頭をよく掻くときは要注意です)

 

〈原因〉人に寄生するアタマジラミが頭部に付着し、血を吸うため刺した時にその唾液によって起こる炎症です。髪と髪との接触やブラシ・タオル・帽子の貸し借りなどを介して感染します。

 

〈治療〉頭髪にシラミ駆除剤を用いての洗髪を繰り返します。家庭では丁寧にブラッシングをして、卵を除去します。登園は可能ですが、バンダナや紅白帽子等で頭部を覆い、髪が外部へ接触しないようにして下さい。完治するまで入水(プール)はできません。

 

どちらの病気や症状も誰にでも起こりうる疾患です。恥ずかしがらず、きちんとした処置や治療をすることが子ども達の心身を守り、不安のない教育環境を作ります。