横浜市緑区・長津田学園ながつた幼稚園

横浜市|緑区|長津田幼稚園|預かり保育|未就園児|子育て

>
>
>
幼児教育無償化について②

 

保護者様に向けた
園からの情報を
ご確認いただけます。
ID・パスワードが
必要です。

神奈川県横浜市緑区長津田7-4-11
TEL:045-981-0390
FAX:045-981-0574

 

幼児教育無償化について②

ながつた幼稚園では・・・

幼児教育無償化についてーーー第2―――


 さて、7月にもお伝えした幼児教育無償化について、ここで文科省と横浜市の合同説明会がありましたのでお知らせします。


 まず前回もお伝えしましたが、「無償」というのは「無料」つまり保育料が「0円」になるのではなく、8時間から11時間を保育する必要がある保育園料の、全国平均額=¥37、000を基準とし、この額から算出して、平均4時間の保育をしている幼稚園には、¥25,700が月額の補助額となりそうです。年間にすると¥308,000が補助されることになります。この額は横浜市の就園奨励補助額の上限額です。生活保護を受けている家庭、市民税額が非課税の家庭に給付されていた額と同額が、全ての家庭に補助されることになります。これは子育てをしている若い世帯には大変助かりますね。

 

 さて無料では無いというのはどういうことでしょうか?義務教育の小・中学校と同じです。教材費用・給食費用、その他補助活動費用(遠足代やお泊まり会、絵本代など)が有料で、必要な額を通園している園に支払う分けです。ながつた幼稚園は私学助成の幼稚園で、横浜市から就園奨励補助金を受けて保護者の方に送金しています。この制度をそのまま利用することになりそうなので、現状通りまずは入園に必要な納付金を幼稚園にお支払いいただき、施行年度の来年度は今まで通り幼稚園から各家庭に、4月から9月までの所得別補助額が、10月から翌3月までの無償化に当たる補助額の半年分(¥154,000)が2回に渡って振り込まれる方法の償還金となるのです。新制度移行園は幼稚園に保育料と称する金額を収めません。横浜市が計算して幼稚園に支給している分けです(毎月)。この方法はまだまだ検討中で、変わる可能性も大きいです。どちらにしても大きな額が国費から助成されることは現実になりそうです。

 

今回はここまでとしましょう。この続きは又第3弾でお伝えしますが、この時期の教育に活動内容、子どもたちの過ごす環境、そこに携わる先生方の豊かさ、預かり保育も含めた利用のし易さをよくよく考えて教育環境を選んでください。第3弾は預かり保育についてです。


学校法人長津田学園ながつた幼稚園 園長 笠原 逸子

※実際の授業料は?? <新制度移行園とながつた幼稚園の違い> →こちらから

※実際の授業料は?? <新制度移行園とながつた幼稚園の違い②>→こちらから